土佐トサ武田氏タケダシ一族イチゾク系図ケイズ
    以下イカは、土佐トサびた武田タケダ一族イチゾク
    ハカショ確認カクニンできたモノ
大崎半四郎   アン ギョウ     オコ3兵衛ヒョウエ  ヤス セイ 不明フメイ
大崎長門守信安ノブヤス  
葛山三郎    武田タケダノブナカ   大崎オオサキ
    大崎長門守   テイ ヤス エダガワムラ寺村テラムラヒコ衛門エモン清重キヨシゲオンナ 山崎ヤマサキオコイチロウ  オトコ 九州キュウシュウ島原シマバラランオトウトサト参戦サンセン鉄砲テッポウタマ負傷フショウ嫡男チャクナンヨリハルヨリ詣の養子ヨウシ家督カトク
     
          大崎オオサキ
タケ   池川善四郎源  森信三女    
  山崎孫6 ノブ フサ  
シン   織田オダ信長ノブナガ養女ヨウジョ 山岡ヤマオカカンミギ衛門エモン        山崎ヤマサキヒコロク   サト   山崎ヤマサキゼンミギ衛門エモンヨリ ケイ
ゲン     タケオウマル大崎オオサキ5ロウ 武田タケダ信勝ノブカツ   大崎オオサキ  
          ハンヤマ甲斐カイカワ津野ツノ 中山ナカヤマ土居ドイ 三野ミノムラ  
      大崎オオサキ  
  武田タケダ四郎シロウ勝頼カツヨリ    変名ヘンメイ大崎オオサキゲンバン            
  女 子          トウ(ゆす)ヒメ ヨコハタヒダリウマスケサダヒデシツ   山崎ヤマサキコウ左衛門サエモンタヨル ハレ 山崎ヤマサキサイ三郎サブロウ カツ  現在ゲンザイ
大崎オオサキ       ヨコハタムラツガモリホウム    
    5タンハタ 系図ケイズウツ 数代スウダイ
        大法寺ダイホウジ首座シュザ       武田タケダベンジョウ先祖センゾ 土佐トサ山田ヤマダ
[オンナ]
 
    武田タケダ三郎サブロウ   セイ ハレ     寺村テラムラスケ十郎ジュウロウ マサル セイ 早世ソウセイ
        寺村テラムラ義助ギスケ  カツ 不明フメイ
アトクバ   幡多郡ハタグン寺山テラヤマ松村マツムラ右京ウキョウ養子ヨウシノチ寺村テラムラウツる・寺村テラムラ      
北条ホウジョウ氏康ウジヤスムスメ   3エダ三郎サブロウトモムスメ      
  武田タケダ小四郎      カツ  イケ左近サコンスス  ヨリカツムスメ   オンナ         ヒメ チチ病死ビョウシトキ13サイエダガワムラ寺村テラムラヒコ衛門エモン清次キヨツグ養育ヨウイクシオ谷氏タニシ奉公ホウコウ中山ナカヤマ奉公ホウコウ中山ナカヤマ直秀ナオヒデジュンツマニンサン清次キヨツグヨメ中山ナカヤマカエエダガワ清秀キヨヒデツマ男子ダンシ
大崎オオサキ  
  ハンヤマ葉山ハヤマカイカワアニトモ津野ツノツカえた? オット死後シゴイケカエる?
 
八木ヤギ       メカケ      八木ヤギ名乗ナノ ノチ伊予イヨ久万クマ伝承デンショウ
現在ゲンザイ確認カクニンできる武田タケダイエ神主カンヌシ系図ケイズ説明セツメイ
系図ケイズ A 大崎オオサキ八幡宮ハチマングウ神主カンヌシ代々ダイダイツタえる系図ケイズで、ノブフサ焼失ショウシツ寺村テラムラ義助ギスケホウ系図ケイズ複製フクセイ原本ゲンポン不明フメイ昭和ショウワ五十50年代ネンダイ須崎スサキ大崎オオサキトヨ撮影サツエイされたモノ)で大崎オオサキ須崎スサキに2存在ソンザイ
系図ケイズB 宝永ホウエイ4ネン山崎ヤマサキサイ三郎サブロウカツツツシウツした系図ケイズか、山崎氏ヤマサキシ嫡流チャクリュウ代々ダイダイいだ系図ケイズウツしで、カク分家ブンケ所有ショユウ興味深キョウミブカコトオオ記載キサイされている。
系図ケイズC B、の系図ケイズサラ明治メイジ4ネン山崎ヤマサキ英吉エイキチが謹写した系図ケイズ勝頼カツヨリから7代目ダイメナガオンナ6スケトツいだ分家ブンケツタわる系図ケイズサラ分家ブンケ系図ケイズあり。
系図ケイズD 大崎オオサキ八幡宮ハチマングウ神主カンヌシについてかれた系図ケイズ現在ゲンザイは(シュウ長生チョウセイオシにあるモノでA、の系図ケイズオナトキ一緒イッショ写真シャシンられて岡林家オカバヤシケカエってきたモノ原本ゲンポンはAの系図ケイズ一緒イッショにどこかにるとオモわれる。
inserted by FC2 system